WasinLogo
和真クリニック  自立自尊の健康人生

 和真クリニック 院長 福井和彦 学術発表

第110回 日本心身医学会関東地方会

統合失調症の55歳成人男子に併発した錐体外路症状ならびにパニック症状に対する身を介した認知行動変容リハビリ療法による介入:第2報

 

  所属1)和真クリニック 2)医療法人秀峰会

  発表者氏名 ○福井和彦1)2)中村吉伸2)

 

  【抄録】

 前回、パニック症状と錐体外路症状に対する本介入前後の症状の改善と

その後の6ヶ月間の介入結果を報告した。その後も毎週、定期的に介入を

1年続けた結果、睡眠導入剤、SSRIを中止したまま、抗パーキンソン病薬、

向精神病薬もさらに減量あるいは中止出来た。手指の振せん、顔面・首の

過緊張状態もさらに改善し、いずれの症状も安定した状態を維持している。

 パニック障害に対してのSSRIのセロトニン仮説、薬剤性パーキンソン

症候群へのドパミン仮説を元に、本介入により実現出来た事とその介入の

意味を考察した。

すなわち、末梢のみならず中枢神経系のシナプスを含む知覚認知運動恒常系を

賦活し、調和を回復する汎用的な介入法であることを実地臨床の立場から述べた。

 

【発表原稿スライド、動画】

(画面の上をクリックすると次に進みます。←、→キーで前後へ)

【戻る】

トップページ

診療案内

健康教室

笑いについて

Facebook

プロフィール

Fukui