WasinLogo
和真クリニック  自立自尊の健康人生

武術との出会いと遍歴
医師免許をもった私がなぜ武術に興味を持ったのか。その遍歴をつれづれなるままに書き残しました

「武術との出会いと遍歴 その14」 たくみの会とのなれそめとその後 
【DVD】技の素材「触感123」徹底解説の感想

システマの北川さんとさらに半身動作研究会の中島先生にはその後ひとかたならぬお世話になるのですが、それはまた。

で、なぜたくみの会なのか、やっと白神先生の最初の問いにお答えする段になりました。

2011年3月11日東日本大震災の翌日に、呆然自失の状態ながらも、思い出に残るシステマのトレーニングをした日に、さらにたくみの会のネット会員になり、そして、

すぐに【DVD】技の素材「触感123」徹底解説 と

【DVD】フィジカルマネジメント&介護動作セミナーのセット ※「深化バージョン」付き 

を合わせて注文した。なぜ即決で注文したのか。

もっと言えば、なぜ、これまで、誰も読みたいとも思わない私の武術との出会いと遍歴をこれでもか、これでもかと長々と書いて来たのか?

甘い自分自身を厳しく見つめ直す良い練習の場、稽古の場を見つけたのにも関わらず、今更、なぜ、たくみの会なのか。

システマ、半身動作研究会で、十分じゃ無いのか?

たくみの会は、武術なのか? 

私自身が決して武術的に強い人間、頑強な人間になりたいと思っているのでは無いことは、これまでの事からご理解頂けるものと思います。

本当はまだ他の武術の経験もありますが、それはこれ以上紹介してもあまり意味の無いことだと思いますので、割愛します。

たくみの会を知り、白神先生へのラブコールと白神先生とのメールのやり取りが始まります。

DVDを注文する際の通信闌にいきなり好き放題書いた内容が下記の内容です。

2011年3月12日 12:16:19 JST =======

これまで求めて来て、不足していたものがここにあると思いました。

また、白神さんの動画での人に対する接し方、サイトでの情報の発信の仕方とも信頼のおける方と思いました。自分なりに「ポジション(全体を活用した楽な姿勢)」x「方向性(身体への意識)」=「接触面の臨界圧が保てる」 そこから操作出来る。という所まではなんとか実感出来るようになりましたが、意識しては緊張が生まれ、保った所から自在に操作する所までは出来ずにおりました。意識下での行動に興味を持ち、その中で皮膚感覚、深部感覚その他の感覚を上手く使えば良いとは思っておりましたが、その具体的方法、理論が分からずにおりました。バイト先での統合失調症の人達へ薬物療法ではない、身を介した認知行動変容リハビリ療法として試みており、薬物療法では起こりえない結果も出せては居るのですが、効率が良くありません。かすっては居るとは思うのですが、自在に当てられないもどかしさがあります。

現代医療では忘れられている手当の本質根本理論が構築されているものと直感しました。「触感123」大変、大変楽しみにしております。

=====================

それに対する白神先生からのメールです。

2011年3月12日 13:17:02 JST ======

この度は、弊社DVDへのご注文、誠にありがとうございます。

初めまして。白神アソシエイツの白神康信と申します。

私のホームページ http://shiraga.kurashiki.co.jp/06SelfManagement_takumi.htm

(から申し込めるnet会員専用ホームページ)にもご興味を持って頂き、また、動画へのご評価にも御礼申し上げます。

しかしながら、いささか恐縮しております。

私なりに「達人」の研究を目指した結果、すぐに「人間研究」であることを実感でき、人間の身体運動による可能性や自己治癒力の引き出し方などが私なりに徐々に分かってきました。

地球の重力と逆らって訓練してきた私の合気道時代とはまったく逆の地球の重力とともに生きている身体が「重さ」を如何に味方につけるか、それを如何に「力」の源泉とできるか、そのことがさらに発展して、自分で自分の健康をある程度マネジメントできる実践論になり、今ではその「人間の可能性(自己治癒力も含む)」を引き出す研究とセミナーが中心になっています。

その可能性の中に「和」を重んじた「自然体」の人間関係論の研究もあり、それがそのまま接触理論となり、DVDにあるようなセミナーを時々行っている次第です。
何か少しでもお役に立てることを願っております。コメントをありがとうございました。

まずはその御礼まで。

====================

さらに、DVDを見ての感想をすぐに書き送ったのが、下記です。

2011年3月18日 3:49:09 JST ========

 今回の震災で職場に三泊四日して帰宅し、一眠りしてから「触感123」を視聴しました。

行動マネージメントから説き起こし、人間の成長の過程で形成された皮膚感覚の条件反射を活用した本当にシンプルな応用範囲の広い理論で、聞いて、見て、なるほどと思いました。

ネコが寝ているので緊張を与えましたが、赤ちゃんと同じでした。で、2つのことを思いました。

1)これまでも身体の緊張と弛緩(リラックス)を自在に制御する事はなかなか難しい事は体験して来ていますので、さらに相手に仕掛け、緊張から弛緩させる事がやはり練習しないと出来ないことだろうなと思う(固定観念)反面、それは出来ない前提条件と当然の結果で弱化因子を掛けて自分をそのようにして来た結果なんだろうなとも思いました。後は実践し強化因子で行動を強化して行くだけですね。

2)身体を用いた心理療法としての臨床動作そこから派生した教育動作(意識の下、無意識レベルでの教育)を学んで来て、「行動」を「動作(心の作用の結果の身体運動)」と置き換えると、さらに効率の良い心理精神療法(身を介した認知行動変容リハビリ療法)が実現出来るのではないかと思われました。

抵抗反応を後天的に獲得した条件反射と理解すれば、色々な獲得して凝り固まっている固定した対応の仕方(認知行動情動身体反応)に対しても新たな成果を生み出し、悪循環から良循環に変えて行く事が出来るのではと考えます。薬・物・他者依存の現代において、人間本来の機能・能力を変化させるシンプルな素晴らしい理論だと思いました。論より証拠後は自分自身で実践して、固定観念、枠に囚われた自分を解放したいと思います。

とりあえず視聴しての感想です。ありがとうございました。

=====================

そして、2011年3月28日 23:45:00 JSTには、2011年4月24日 "オブオリセミナー in 京都"を申し込んでいます。

その際の通信欄には以下のような事を書き記していました。

 たくみの会DVDシリーズ技の素材『触感123」徹底解説、フィジカルマネージメント+進化バージョン、介護動作セミナーを拝見しました。紹介して頂いた行動分析学入門も読ませてもらっており、動画も拝見させて頂き、やはり我が身で実際に思い知りたいと思い、是非、是非、参加させて頂きたいと思います。思わず笑みと感嘆がこぼれるであろうセミナー大変期待するとともに、白神先生にお会い出来るのを大変楽しみにしております。

そして、その4月24日の "オブオリセミナー in 京都" を体験して、その翌日またメールを出しています。

2011年4月25日 0:03:45 JST =========

本日は、大変ありがとうございました。

身と心の乖離に改めて気づかされ、出来ているにも関わらず、納得しきれない。出来たが出来ない状態で、混乱している状態ですが、これまでにない体験、経験を積むことが出来ました。また、私も人間として持っている能力をやはりもっともっと発揮出来るようになりたいと思います。

つきましては下記の3回分のセミナーに参加申し込みたいと思いますので、よろしくお願い致します。

◎ 2011年 5月22日(日) 時間: 受付9時30分~ 10時~17時  触感123&行動心理学セミナー

◎ 2011年 6月19日(日) 時間: 受付9時30分~ 10時~17時  和み話法 セミナー

◎ 2011年 6月23日(木) 時間: 受付11時30分~ 12時~16時 フィジカルマネジメント&重さの力セミナー

3回とも、伺う予定ですが、4月29日から5月8日(連休中)、岩手の被災地の方にボランティアで『心のケア班」の一員として支援に行ってきます。無事に帰ってくるつもりですが、もし万が一の時にはキャンセルの連絡が出来ませんので、無事に帰宅後に、再度連絡はしたいと思います。

以上のようなことで、よろしくお願い致します。

======================

そして、岩手の被災地から帰ってきてからの再度の申込のメールです。

5月6月のセミナー申し込みます:確認

2011年5月8日 17:14:42 JST

本日、岩手での「こころのケアチーム」としての支援(ボランティア)から、無事帰宅しました。

先の3つのセミナーに予定通り参加可能と思いますので、よろしくお願い致します。

武術との出会いと遍歴
医師免許をもった私がなぜ武術に興味を持ったのか。その遍歴をつれづれなるままに書き残しました

Fukui