WasinLogo
和真クリニック  自立自尊の健康人生

武術との出会いと遍歴
医師免許をもった私がなぜ武術に興味を持ったのか。その遍歴をつれづれなるままに書き残しました

「武術との出会いと遍歴 その16」 被災地支援に行ってみて

 医療のイーハートープへの夢

先の「その13」で、5月の連休中10日間、東日本大震災の被災地支援に、行った事をちょっとご紹介しましたが、宿泊先は奥州市で、そして、支援活動をしたのが、生まれ故郷の大船渡市盛でした。そして、その体験、経験を通して思わずには居られず、行動を起こしました。

武術とは直接関係ありませんが、でも、何故、何のために、武術にのめり込み、そして、たくみの会に興味を持ち、ここにくどくど書き連ねているのか。

私自身の実現したい事、やりたい事は、場所、場面が変わってもやはり同じである事を改めて実感せざるを得ませんでした。思った通りにはなりませんでしたが、なるほど、自分は相変わらず考えている事は全然変わりないんだと痛感しました。

虚仮の一念、馬鹿の一つ覚えの実現したい理念理想

被災地支援から帰って来てからも、何となく力が入らない、腑抜けたような感じのまま、仕事をしていたのですが、日が経つとともに、現地で受けて来た体験、経験、感動そして、帰途の車の中で決心したことが沸々とわき上がり、悩みましたが、再度決意して、岩手県医師支援推進室の方にメールを出しました.

 

件名: 診療所勤務について

日時: 2011年5月8日 15:54:04 JST ========

 東京で、開業しております福井と申します。この度の震災に際して、ボランティアとして、少しお手伝いさせて頂きました。その中で、関わりを頂いた方々からその純朴さ、そして人に対する優しさと健康に関する素直な感性、健康観に触れ、大変感銘を受けました。

自分のこれまでの半生を省み、そしてこれからの人生で、ここでなら求められる医療、実現したい医療、薬物に依存しない素直な治療、医療を実践し、医療費の軽減にも貢献出来ると思いました。

色々と乗り越えないといけない事は有りますが、診療所で地域の人達のお役に立てたら、幸いと思います。

5つの診療所(病院では無い)で募集しているとのことで、その5つの診療所の所在場所、名前等についてお知らせ頂けましたら、幸いです。ある点をクリヤーしたらその診療所に勤務したいと思います。

家族、関係諸氏と相談の上、勤務する方向で話を進めて見たいと思いますので、宜しくお取り計らい下さい。

========================

そして、その担当の参与の方からメールで返事をもらい、さらに、メールしました.

件名: Re: 岩手県医師支援推進室です。

日時: 2011年5月9日 20:59:35 JST  ========

岩手県医師支援推進室(医療局) 参与 ○○○○ 様

早々にご丁寧なご返事を頂きありがとうございます。

私自身の気持ちとしては、もう行くつもりでおりますが、先に少し触れましたとおり経済的にクリアーしないと動けない所もあり、家内にも納得してもらわないといけませんので、明日の夜には家内も帰って来ますので、ボランティアに行ってみての経過並びに岩手の診療所に勤務したい旨を、話をして、進めて見たいと思います。

1994年9月に、都内に開業しました。また、精神科ディケア診療所の院長として週4.5日、丸五年間勤務して来ました。週末は自営のクリニックで、週末(終末ではありません)医療を行って来ました。

薬物他者依存から自然調和の健康を目指して、からだ(身・心)全体の調和の取れたリハビリ外来をして来ました。

家内そして、今、お世話になっている医療法人の診療所もありますので、そちらとも相談の結果ですが。

私としては、お会いするのは、今週、来週の土曜日でも結構です。

また、私は大船渡市盛町で生まれたそうで、場所的には住田の診療所に勤務したいと思います。

実際の業務内容と私が提供出来る医療がマッチすればですが、住田診療所が良いかなと思っております。

もちろん、実際にお話を伺いこちらの提供出来る医療と、期待される医療とのギャップが大きいと難しいとは思いますが、ボランティアで伺いその際に接した人たちからは私の提供出来る医療が求められている医療との声を聞いて、私でも役立つならばと思いました。

詳しくは実際にお会いしてからのことと思いますが、よろしくお願い致します。

======================

武術との出会いと遍歴
医師免許をもった私がなぜ武術に興味を持ったのか。その遍歴をつれづれなるままに書き残しました

Fukui